« 処女はお姉さまに恋してる THE MOVIE 第1回 | トップページ | おとボク 迷作劇場『とりかへばやものがたり異聞』 »

マジかルしスター 緋紗子

わたしね、梶浦緋紗子26歳。世間的にはお肌の曲がり角をヘアピンカーブで急旋回してしまったお年頃。はあ。職業。目下の所OGでもある恵泉女学院の古文教師。
でもね、それは、世をしのぶ仮の姿。お供の魔法猫「しお」とともに、この世のモノではないモノたちと戦う魔法少女。それが、緋紗子なの。
マジかルしスター 緋紗子におまかせよ!
「にゃあ!?」(緋紗子お姉さま、私、こんな役なの!?)

序章 マジかルしスター 爆誕 怪人ばぐーん登場。

恵泉女学院、それは緋紗子にとって、甘く切なくそして苦い想い出を秘めた場所なの。恋人であった詩織(しお)が亡くなったのもこの学院内のことだったしね。
新聞では事故死と書かれていたが、転校先から元クラスメイトに問い合わせると、事故ではなくありえない事件だという噂だったわ。
後ろ髪を引かれる思いで転校してしまった私は、教員としてこの地に戻ってきたのだ。
「うーん、今日からぁ、緋紗子も先生なんだからぁ、甘えんぼさんからは卒業するぞぉー!」
ちいさくえいえいおーと、気勢をあげてみる。けどコロコロとした鈴の音のような声じゃやっぱりダメね。
童顔な緋紗子は、メガネをかけると小学生みたいな風貌になるの。背丈が168cmあるからまだ大人にみえるけど140cmくらいだと子供先生にしか見えないかもお。
こども先生はかわいいかもしれないけど、自分がなるのはちょっといやかも。
「さあ、出かけますかっ!」
緋紗子は、自転車によっこらしょとまたがると、颯爽と学校を目指してこぎ出した。うふふ、職業婦人って感じに見えるかなあ。
学校に近づくけど、まだ登校時間じゃないので人もまばら。
キキーーーーッ!
「あっ、あぶない!猫ちゃん。ダメじゃない。気をつけなさいね」
急に白い猫が飛び出してきたので、緋紗子は急ブレーキをかけたの。猫は緋紗子をチラッと見るとにゃーと鳴いて塀にのぼって消えていったんだ。

「みなさん、はじめまして。梶浦緋紗子といいます。緋紗子先生って呼んでね。呼んでくれないと泣いちゃうからね」
一年ひよこ組の教室はざわざわしていた。
「ふっふふ、良く来ましたね、新入りさん。ここはわがばぐーん帝国の配下にあるのだ。ばぐーん」
え?だれ?緋紗子こまっちゃうよ。えっと、えっと出席簿出席簿。んーと上岡由佳里さんね。
「上岡さん。おいたはダメですよ。メッ」
緋紗子は一生懸命威張って言ってみたけど、上岡さんは全然きにしていないよ。どうしよう。
「ばぐーんの戦闘員達よ。この女を捕まえて洗脳しておしまい!ばぐーん!」
「あらほらさっさー」
ノリの良い人たちが緋紗子を捕まえにきたよう。

「そこまでにゃ。妖魔ばぐーん!」
教室の上の方から声がしたよ。びっくり白い猫さんだ。しゃ、しゃべってるう?
「緋紗子ちゃん、君はマジかルしスターなんだ。このステッキを使って変身して戦うんだ!」
「ほえ?これどうするの?」
緋紗子は白い猫さんが投げたステッキをうけとった。
「マジかるドミかる、マジかルしスター 緋紗子に変身よ!」
きらきらきらーーーーんと光が緋紗子を包んだ。うわーかっこいいー!
「あれ、なんか上岡さんがおっきくなってる」
「ばかめー、おまえが小さくなっておるのだああああ、ばぐーん!」
「ええええ、そんなー」
「大丈夫、呪文で戦うんだ!戦う意志があれば呪文は自然に、心にわいてくるんだ!」
「フローラル、スィート、ぽらほらマジカル! マジかルしスター 緋紗子が主になりかわり天罰を下しますわよ!」
「ば、ばぐーーーーーん!」
ちゅどーん!よくわからないけど急に舞台が石切場になって爆発しちゃった。

「よくやったね、緋紗子お姉さま!」
「あなただれ?」
「わたしよ。しおですよ。詩織」
「うそ!なんで」
「いやね、先輩のお誕生日記念に引っ張り出されてえらい目にあってるんですよ」
「ちょっとちょっと、素に戻らないで。26にもなってこんな恥ずかしい格好してるのよ、わたしだってやなのよ!」
「大丈夫じゃないですか?今日び有明でやってる全国青少年少女欲望の祭典では40越してるのに魔法少女やってる人とかいっぱい居ますから。しかも男」
「しお、あなたむやみに敵を作らないでよね」
「はあ、とりあえず、お誕生日おめでとうございます。お姉さま」
「あ。あのう。妖魔ばぐーんって何ですか。一部の人だけ大喜びですよ。これじゃ」

「緋紗子お姉さま、なんか次はまりやさんって娘さんが敵らしいですけど、いいんですかね?」
「うーん、まさかその次が貴子さんでラスボスが瑞穂さんなんてありきたりな話じゃないですよね。」
『ぎくっ』
「「「なんか、へんな声しなかった?」」」

|

« 処女はお姉さまに恋してる THE MOVIE 第1回 | トップページ | おとボク 迷作劇場『とりかへばやものがたり異聞』 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: マジかルしスター 緋紗子:

« 処女はお姉さまに恋してる THE MOVIE 第1回 | トップページ | おとボク 迷作劇場『とりかへばやものがたり異聞』 »