« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »

「わんだーがーる みーつ みすてりあすがーる」(1)

「圭、お父さんな引っ越ししなくても良い仕事に転職しようと思うんだ。それでだなー。お前、引っ越しばかりして友達作れなかったろう?寂しい思いをさせたから、今度は大学まで一貫教育してくれる学校に転校するのはどうだろうと思うんだ。難易度がちょっと高いかもしれないが、恵泉女学院の編入試験受けてみないか?」
父が遺跡荒らし・・・じゃなく、大手建設会社おかかえの土地調査会社をやめると言い出したのは私が中学2年の春だった。父の仕事は、建設会社が大規模なビルやマンションを建築をする際に、地下に遺跡などが見つかった場合に調査するというもので、たまに私も調査を見せてもらっていたりした。
「・・・うん、わかった」
今までは、父の仕事の都合でいろいろな地方へ転校していったので大変であったが、その分新しい遺跡などの見学ができるので楽しかった。海外の現場などでは、あやしげな法具なども見つけたりもした。捨てられるよりはと、こっそり持ち帰っている。そういう楽しみが無くなってしまうのは残念だが、何よりも友達も欲しいので快諾した。
編入試験は、勉強のかいあって合格ラインぎりぎりであったが、なんとか合格した。
「初めまして、小鳥遊圭といいます。よろしくお願いします」
私はお嬢様学校というものを知らなかったので、必用最低限の事だけを話して後は黙っていた。
『日本人形みたいでかわいいー。』『おしとやかそうー』というのが私に対する彼女たちの印象らしい。木を見て森を見ず・・・だわね。
「じゃあ、小鳥遊さん、高根さんの横の席に座って頂戴」
担任教師が教室の後ろの方を指さすと、そこにはショートカットの女の子が居た。
「わたし、高根美智子。よろしくね。えっと圭さんでいいかしら?」
「いいわよ。高根さん」
「あら、私のことは美智子って呼んでくださらない?」
「ええ、美智子さん」
こうして、私の恵泉ライフが始まったのであった。

「転校初日で申し訳ないのだけれど、今日、教室の掃除当番よ」
聞くと、掃除当番とは聞こえが良いが、毎週テリトリーがローテーションするだけというものであった。クラスを4等分して、教室、美術準備室、中庭、焼却炉まわりを交代で掃除するという。お嬢様学校と言いながらこのように掃除が頻繁にあるのは、おそらく家庭では家政婦さんなどに掃除を任せっきりにしてしまう生徒をおもんばかっての所業なのであろう。
「拭き掃除が済んだら、机を並べるのよ」
と美智子さんが教えてくれた。
「小鳥遊さん、机は床タイルの仕切り線に合わせてくださいね」
クラスメイトが声を掛けてくれるが、彼女の名前は覚えていなかった。
なるほど。ショートホームルームの時に、なんでこんなに綺麗に机が並んで居るんだろうと、訝しんでいたのだが、考えてみれば理由は簡単だったな。修行が足りないね、私も。

「ねえ、圭さん。圭さんのおうちはどちら?」
掃除が終了し帰宅時間になった。部活動にはまだ参加していないので私も帰宅組。そろそろっと美智子さんが近づいてきて私に尋ねる。
どうやら、彼女は私に気があるのか、いろいろと話しかけてくれる。
「栗見ヶ丘三丁目だけど・・・」
「偶然ね、一緒の方向じゃない。一緒に帰りましょう」
美智子さんは、そういうと私の手を取って、歩き出そうとする。
「え・・・・」
私は驚いた。今まで友達と手を繋いだこともなかったので恥ずかしかった。
「あら、顔を赤らめている圭さん、かわいいっ」
美智子さんがからかう。顔が赤くなる?感情表現が苦手というか、ある種病気なのかもしれないが喜怒哀楽がほとんど表に出ない私にしては珍しい現象だ。
「かわいい・・・そんなこと・・・ないとおもうー」
むう。こんな触れ合いというのもいいものだな。私も美智子さんの手をぎゅっと握り返してみた。驚いた事に美智子さんの頬が赤く染まった。

一月も経つと私も学園生活に慣れてきたので、友達も増えてきた。この学校では友達を作っても、すぐに別れなくてもいい。その安心感は心地よかった。
「あの、圭さん。今度の日曜日、一緒に遊びに行きませんか?」
金曜日の帰り道、美智子さんが私を遊びにさそってくれた。恵泉に移ってから遺跡へ行くことがなくなり、家で籠もっていることが多くなった私にとっては新鮮なイベントになるだろう。
「ええ、いいわ。どこへ行くの?」
「駅前のKABURAGIYAなんてどうかしら」
「KABURAGIYAって駅前にあるあの気が遠くなりそうなくらい大きいデパートのこと?」
「ええ、そうよ。待ち合わせは9時半に、改札口前の時計の下でどうかしら」
「了解」
「じゃあ、デート用の気合いを入れた格好で来てね。じゃあ日曜日ね!」
本気とも冗談ともつかないような事を美智子さんは言って別れた。デートか。恵泉は女子校なので少なくとも素敵な彼氏と出会えるチャンスは学院内にはそうそう転がっては居ない。女の子同士で遊びに行くのをデートと称するのは、たぶんに男の人とのデートを夢想するこの年頃の乙女の妄想力というものであろう。乙女ってやつぁ、コレだから・・・

日曜日。私は、美智子さんに言われたからではないが、ちょっとだけ気合いを入れてみた。少し乙女ちっく。恵泉に入学できたことで、父が『普段着も実用一辺倒のものばかりじゃなく、ちょっとはお嬢様っぽい格好した方がいいんじゃないか?父さんな。圭のかわいい姿も見てみたいんだ』と買い込んできたものだ。フリルが端々についている装飾過多でちょっと恥ずかしい。

「あらあら、圭さんってば素敵な格好してますのね。うっとりしちゃいますわ」
美智子さんは、キュロットスカートにオーバージャケットを着て、ちょっとボーイッシュな格好をしている。
「美智子さん、いつもと雰囲気が違う…」
「うふふ。さあ、お姫様。お手をどうぞ」
そう言うと、美智子さんは手を英国紳士がする様に手を差し伸べてきた。私はおずおずとであるが、美智子さんの手のひらにそっと自分の手を添えた。
『ちゅっ』
美智子さんが私の手にキスしてきた。ドキン。心臓の鼓動が高まる。え?え?え?何?今のは一体…
「み…美智子さん、何するんです?」
僅かながら体温が上がった気がした。
「あら、お姫様や貴婦人に対する挨拶よ」
そう言って、美智子さんはいたずらっぽく笑った。
何だろう、どうしてなんだろう。美智子さんに何かされたり、微笑まれたりする度に私の感情表現が豊かになる?
手をつないで歩き出す。私の心臓がドキドキと鼓動を早めた。落ち着け!おちつけ私の心臓!美智子さんに変なところを見られるのは恥ずかしい。
恥ずかしい?どうして恥ずかしいの?私は自問自答しつづけた。
「ねえ?圭さん。なぁんでドキドキしてるの?」
うう。美智子さんは意地悪だ。私が困ることを次々としてくる。困るといっても嫌がることをしてくるわけではないのが、ちょっとくやしい。
ウィンドウショッピングの間中、いや今日一日中美智子さんにドキドキさせられっぱなし。
KABURAGIYAはとても大きいデパートで、目的もなくウィンドウショッピングでうろうろするだけならとても回りきれないほど。なので。
「圭さん、また一緒に遊びに来ましょうね」
と、美智子さんに誘われた。ダメ。美智子さんにはあらがえない。
別れ際に美智子さんはわたしのほっぺに、ちゅっ。っと軽いキスをしていった。
私は、その暖かい感触を忘れないように手で押さえて、しばらく立ち尽くしていた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

漢(をとこ)は兄貴(あたし)に惚れているぜ!

あたし、鏑木瑞穂。花も恥らううら若き乙女。の筈なのに・・・
厳格だったお婆様の遺言ってのがとんでもない話で、「瑞穂は鏑木の経営している男子校(!) に編入しなさい」・・・ですってえええ!?。
従兄弟の御門真利矢兄が、「俺に任せな!」なんて言ってくれるから、私立聖鷹学院の男子寮に入寮することになっちゃった。男装して、男子高校生としての卒業までの9ヶ月を男子寮で過ごせって!?無理無理ぶっちゃけありな~い、!もうイヤ!なんとかして頂戴!

第1話 梅雨空は憂い顔と共に

「・・・はあ、何でこうなっちゃったのかしら・・・」昨日から何度目の溜息だろう。
 ぽっちゃりしたほっぺが、見る者に強烈な印象を残す紅顔の美少年(?)は、そのかわいらしい顔に似合わないほどの陰鬱な雰囲気を漂わせていた。
「あっはっは、まあそんな暗い顔をしないで行こうぜ。それからな、女言葉になってるぞ!」
真利矢は、バンカラな笑い方をして瑞穂の肩をバンバン叩く。
「もー、真利矢ったら。何でそんなに平気なのさー?」
「ん?だって人ごとだから」
悪魔ちっくな笑いを浮かべる。
「そんなぁ~」
男子寮からの小道から、正門前の大きい通りにさしかかると、いろいろな生徒が真利矢と瑞穂に向かって挨拶をしてくる。もっとも、挨拶されているのは真利矢の方なのだが、瑞穂は軽いパニックになっているので判っていない。
「お、おはようございますっ!」
初々しさからみて初年度生のようだ。緊張しているのが
わかる。

「うぃーっす」真利矢が軽口のように返事をする。
「おはようございますっ!真利矢さん!今日の試合頼みます!」
「おっす!今日もぐっちょんぐっちょんのけっちょんけっちょんにしてほえ面かかせてやらあな」
実はこの真利矢、聖鷹学院ではかなりの有名人なのである。というのも実家が古武道の道場をやっている為、武道全般に秀でている。ほとんどの体育会系クラブの試合に助っ人というか、ほとんど主戦力として参加している。しかも強い。絶対に強い。われらが真利矢。と言われるほど。まさに聖鷹の頼れる兄貴なのだ。
 挨拶を繰り返す内に、真利矢の顔色が曇った。真利矢が見据える先には、薔薇とブランデンブルグ交響曲を背負った、ものすごい金モールがかかった学生服を着た男が立っていた。
「御門君。何度言ったら判るのかね?紳士たるもの粗暴な言葉を使ってはならぬと」
「へっ。貴(たかし)お坊ちゃま、ご機嫌麗しゅう。ってか?」
「だ・・・誰が貴お坊ちゃまだ!心底、不愉快なやつだな。君は」
「ふん。行こうぜ瑞穂」
真利矢は地獄の底にでも居るような声を出して瑞穂に言った。
「ちょ・・・ちょっと待ってよ。真利矢~」
ぽてぽてと真利矢の後をついて行こうとすると、貴が瑞穂に声をかけた。
「待ちたまえ。君は誰だ?見かけない顔だな?」
瑞穂はびくっとして振り向いた。
「あの・・・み・・宮小路・・瑞穂です。て・・転入生です。」
「すまない、人に尋ねる前にまず自ら名乗るべきであったな。私は厳島 貴だ。」
軽くウェーブのかかった、栗色の髪。さわやかな笑顔で瑞穂に微笑んだ。
「学生会会長として忠告しておく。あのような馬鹿者とは即刻縁を切った方が君のためだ」
そう言いつつ、ビシュッと効果音がかかる位の切れの良さで真利矢を指さした。
「なんだとう!」
真利矢は烈火のごとく怒った。

「確かに我が校の主戦力なんだろうが、いささかどころか大いに我が校の品格を損なう言動を繰り返すのは、馬鹿者のそしりを受けるに十分な挙動であろう」
「おいおい、対外試合の時にお上品に『きゃー』とか言っててみろ、『あそこはお嬢様学校でいらっしゃるの?わっははは』と嘗められるだけだろうが。そもそも、おまえら学生会が
もっとよその学校に対して、シャキッとしねーのが悪いんじゃねーか」
「ほんっとうに君は、下品だな。君の御門の家名が泣くぞ。まあいい後で先生方にも説諭してもらおう」
貴はくるっと振り返るとスタスタと校舎の中に歩いていった。

「今日から、君たちと一緒に勉強をすることになった宮小路瑞穂君だ。御門の親戚だから、手を出すと怖いぞ」
担任の梶浦 緋紗夫先生が軽口をたたいた。
「了解でーす!」
「さー、いえっさー!」
「らじゃー」
などと口々に返答するクラスメイトたち。
「えぇっとお・・・宮小路です。よろしくお願いしますぅ・・・」
瑞穂はビビリまくっていた。
ライオンを目の前にしたインパラの様な感じだった。
「うおー!かわいいいー。うちにも姫制度があったら姫確実なのになあ。」
「萌えだよ。萌え!」

なにやら、とても難しい専門用語が飛び交っているようで瑞穂の理解を超えていた。

瑞穂は挨拶をすませて、梶浦先生に指定された席に座った。

「やあ、はじめまして・・・かな?僕は十条 紫皇(じゅうじょう しおう)」にっこり笑って話しかけてきたのは瑞穂にとって見覚えのある優しげな人だった。
「あ。もしかして昨日・・・会いませんでしたか?」
瑞穂は尋ねた。

------------
真利矢にいろいろと特訓されていた瑞穂は夕方休憩を取りたいと言って、男子寮から抜け出した。
『~♪』誰かが歌っている。瑞穂はきょろきょろと見回した。その刹那、風がざわついた。
「歌はいいねえ。リリンの生み出した文化の極みだよ。」
「!」
瑞穂は声のした方向に振り向いた。
「君は歌は好きかい?歌は魂を揺さぶるのさ。きっとドリルと同じ漢のロマンなんだろうね」
「・・・・す、すきですけどぉ?」
ザザァッ。風で木立が揺れる。
「XXXX」
男は瑞穂とすれ違いざまに何かをささやいた。だが瑞穂にはそれを聞き取ることは出来なかった。
------------

「ああ、やっぱり。男子寮のところで会った人だよね。雰囲気が違うんで判らなかったよ。」

1時間目の授業が終わると、真利矢が瑞穂の教室に入ってきた。まっすぐ紫皇と瑞穂の席に
向かってきた。
「やあ、真利矢君。瑞穂くんに用事かい?」
「あ、紫皇さん。ちょっと心配だったので、見に来ました」
「ちょっと耳を貸したまえ」
そう言うと、紫皇は真利矢になにかささやいた。
「え!!何でわかったんですか!」
驚く真利矢。
「うん、僕には不思議な力があってね。でも大丈夫だよ。他の人はまず気がつかないだろうね。ところで、これだけの逸材はめったにないね。例のアレ、行けるんじゃないかな?」
にやりと笑う。
「そう思いますか。紫皇さん。お代官様も悪ですのう。てひひひひ」
「いやいや、そういう越後屋、おぬしこそ」
時代劇の悪役さながらの会話をしたあと、二人は瑞穂の顔を見た。
「決戦は金曜日!ですね。あと正味4日しかないから、昼休みに作戦会議しましょう。紫皇さん」
「にやり」
「・・・二人とも悪人ですか。そうですか・・・・」
瑞穂は呆然とやり取りをみていた。

昼休み。怪しげな裸電球がぶら下がっている準備室に、入りきれないくらいの人物がいた。
「紫皇さん、寮の初年度生も連れてきましたよ」
真利矢は握り飯と食べ食べやってきた。
「紫皇先輩。ご無沙汰しておりますです」
周皇院 奏(すおういん かなで)が真利矢の背後から挨拶をした。「七生●報国」のハチマキがトレードマークの若人だ。
「押忍!紫皇先輩!」
こちらは上岡由佳(かみおか ただよし) 空手部の初年度生。
「えー、こほん。さて本日皆様にお集まりいただいたのは、他でもない。お集まりの皆様はすでに宮小路瑞穂をご存知の方ばかり。そこで・・・・・」
真利矢が演説を始めた。
結局、男たちの悪巧みは昼休み一杯続いた。

「真利矢~、お昼休み、どこ行ってたんだよう~。みんないなく・・ぼしょぼしょ」
5時間目の授業後、やってきた真利矢に瑞穂は泣きついた。後半はぼしょぼしょと口ごもって聞き取れない。
「か・・・かわいい♪」
紫皇は、うれしそうな顔をしてつぶやいた。

その日の夜、寮の食堂。現在4人しか入寮者はいない。
「え?兄貴選挙~!?何それ?」
瑞穂は口に含んだご飯を吹き出しそうになった。
「あ、瑞穂にいさんは、外部から来たばっかりですからね、知らなくて当然でしょうね。聖鷹には、毎年6月に知性・教養・品格が優れている紳士たる人物をみんなで選ぶという行事があるんですよ。今年の有力候補が厳島 貴先輩なんですよ」
由佳が説明をする。
「兄貴選挙で選ばれるとエルダーブラザー(長兄)と呼ばれるようになりますが、みんな親しみを込めて「アニキ」とか「兄貴」とか呼ぶようになります」
奏が後を継ぐ。
「でだ。通常先輩を呼ぶときに「誰々兄さん」とか関西のお笑いタレントみたいな呼び方をするんだが、このエルダーブラザーは、ザ兄貴オブ兄貴sなわけで、まさに『THE兄貴』に相応しい人物と言うわけだ。と言うわけで単に「兄貴」と呼ばれるとエルダーブラザーを指すんだ」
真利矢がさらに継いだ。
「で、わ・・ボクとどういう関係があるの・・・さ?」
瑞穂はきょとんとした目でみんなを見た。
「決まってるじゃないですか、瑞穂にいさんを兄貴候補にするんですから」
由佳が言った。
「☆○▽~♪◇(!!)」
瑞穂は驚きのあまり言葉にならない叫びをあげた。
正気に戻るのにきっかり27秒かかったが、瑞穂は真利矢の手を引っ張って食堂の片隅に来た。
「真…真利矢~。何考えてるのよっ。あたしは女なのよっ!兄貴なんて、なってどうするの!」
他の二人に聞こえないよう小声で叫んだ。女言葉全開だった。

「瑞穂にいさーん。兄さんなら間違いなく兄貴になれますって」
由佳が無責任極まりない台詞を投げかける。
がっくりうなだれる瑞穂には『どうか、厳島 貴が選ばれますように』とお星様に祈るしか道は残されていなかった。

さて、瑞穂の知らないところで暗躍を続ける、悪巧み集団。根回し工作もバリバリと行い、前日の校内トトカルチョブックメーカーの発表ではなんと厳島 貴に対して50-50というオッズにまでなっていた。

「あ…ありえないから。ありえないんだってば~」
瑞穂は呆然としつづけていた。

『全校生徒の皆さん。各クラスに配布された投票用紙に候補者の名前を書いて近くの投票箱に投票してください。この投票は15時を持って締め切ります。開票は即時行われますので投票の済んだ生徒から講堂に集合してください。繰り返します・・・・』
投票日当日、学内に投票のアナウンスが響き渡る。

15時の締め切りが過ぎる頃、ほとんどの生徒が講堂に集合していた。笑ってしまうことに、掛け率は90-10で宮小路瑞穂の圧勝状態だった。
「みんな大穴にかけてるんだ。きっと…」
瑞穂は自分に言い聞かせるように言った。順当に本命が当選してくれれば問題ないのにと思った。

『第72回聖鷹エルダーブラザー選挙の結果を発表いたします!、有効投票数1626で、得票率が90%を超えた候補者が居たため、今回の投票で決定になります。エルダーブラザーは3年A組の宮小路瑞穂君です。では、宮小路瑞穂君前に出て就任の挨拶をお願いします』

「な、なんだってぇ~!!」
もうこれ以上無いと言うような、驚きの表情を見せるが、みんなに「ほら、行ってこい!」と押し出されてしまう。

「……み……宮小路 み…瑞穂です…」
それだけ言うのが精一杯だった。
「うぉおおおおお!兄貴~アニキー!」
講堂が揺れた。

かくて、前代未聞の兄貴(おにいさま)が爆誕したのであった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »