« びゅりほでぃず(ブログ版) (12) | トップページ | びゅりほでぃず(ブログ版) (14) »

びゅりほでぃず(ブログ版) (13)

 拓美は、瑞穂を再び抱き寄せると、胸を揉みしだき始めた。

「あんっ…」

 ぴくんっ。と瑞穂の体が軽くはねると同時に、甘い声を出した。

「へぇ、うれしいなあ。感じるんだ」

 拓美がうれしそうに笑った。

「もう、拓美のばか…」

 いつも紫苑に揉みしだかれている為、パッドの上から揉まれても感じてしまう身体に開発されてしまったとは、口がさけても言えない瑞穂であった。

「これ、本物じゃないんだろ?感じるの?」
「うん。でも本当の乳首とか触られるよりは、刺激は強くないのだけれどね」
「そうなんだ。かぷっ」

 返事を耳元でささやいた勢いで、拓美は瑞穂の右耳たぶを甘噛みした。

「!」

 瑞穂はさらにぴくっと反応した。

「初めての経験かな?今日は瑞穂のえっちな所、いっぱい触ってやるからな」
「や…ん。拓美にどんどん開発されちゃったら、わたしえっちな娘になっちゃうよう」
「いいじゃないか、俺だけの瑞穂なんだから。それとも、他の誰かにえっちされたいのかなぁ?」
「拓美のいじわるっ。そんなわけないじゃない!」

 そう言う軽口を叩きながら、拓美の右手は瑞穂のスカートの中に進入していた。膝上の部分をさわさわっと、優しく触れるか触れないか位の軽いタッチで往復する。

「う…ん。あ…ん」

 タッチセラピーという治療があるくらい、やさしいタッチは気持ちをリラックスさせてくれる。つまり拓美の愛撫によって、瑞穂はどんどん気持ちよくなっていったのである。
 さわさわという、ピアニッシモを弾くピアニストの様な繊細な指捌きが、瑞穂の太ももからだんだんと、秘密の花園へと進んでいく。瑞穂は握り締めた手の上側から自分の人差し指をくわえて、声を出さないように我慢した。

「我慢しなくてもいいんだよ。思いっきり甘えてごらん」

 拓美が瑞穂に囁く。拓美の息が耳にかかるたびに、瑞穂の快感はいや増していく。

「く…くぅん…はぁ」

 拓美の指がついに瑞穂の秘所に到達すると、瑞穂の声が変わった。

「瑞穂かわいいよ。こんなに硬くなって、もうとろとろじゃないか…」
「そんなことないよう…」

 息も絶え絶えになりながら瑞穂は答える。しかし、容赦なく拓美はくりっくりっと瑞穂の秘所を円を描くように刺激する。くちゅっくちゅっ。瑞穂のおつゆはショーツの秘所をしとどに濡らしていた、
すぅうううっと、寄せては返し、すぅうううっと返しては寄せる手の動きは、瑞穂の快感を満ち潮状態にしていく。

「は…はあああ」

 瑞穂の背が弓なりに曲がり始めた。

「本当に感じやすいんだね。遠慮しないでいっちゃっていいんだよ」

 拓美の指がだんだんと律動を速める。

「くううううん!」

 瑞穂が絶頂を迎えて、くたんとなり全身の力が抜けてしまった。

「瑞穂のイッた姿。すげえ可愛かったよ」

 そういうと瑞穂にちゅっと軽くキスをしつつ、手は秘所から離れ、再び体中を軽く撫でることに専念している。

「ねえ、拓美。どこでこんなテクニックを覚えたのよ」
「ふふっうれしいね。やきもち?」
「そんなんじゃないってば!」
「気持ちよかった?」

 意地悪そうに拓美が尋ねた。

「すごく、感じちゃった。もう、まりやなんかと段違い!好きな人にされるのって快感が倍増するってホントだよね」
「お、聞き捨てならないな。まりやってお前の親戚の子だったよな」
「あ…。あは。あははは。恵泉に転入したばっかりの頃に、『ココは女の子ばっかりで、抜かないと大変な事になっちゃうから、抜いてあげるわね』って無理矢理されたんだってば。後輩の娘も毒牙にかけてるような傍若無人でアクマみたいな人だから、犬に咬まれたと思ってあきらめてます」
「うわーひっでーなー、親戚なんだろ?って、そんなにすごいのか?」
「だってね、恵泉行く羽目になった張本人の一人なんだもん」
「なるほどねえ。でも、俺はそのまりやって娘に感謝だな」
「なんで?」
「だって、俺が瑞穂と愛し合えるようになったのって、間接的かもしれないけどその娘のおかげでもあるんだろ?」
「まあ…そうかも」
「俺は感謝するよ。あと瑞穂のじいさんにも」
「そうね。最初遺言を聞いた時には、何考えてるの?って驚いたのだけれどね」
「瑞穂のじいさんってさ、瑞穂のこと孫娘と思いこんでたんじゃないのか?」
「うーん、小さい頃は確かに女の子の格好をさせられていたけど、小学校までだから」
「うはっ、そのころの瑞穂に出会いたかったな」
「何言ってるの。中学の入学式のちょっと前だよ」
「あっ、そう言われてみればそうだよな」

 拓美と瑞穂は昔話に花を咲かせかけた。

|

« びゅりほでぃず(ブログ版) (12) | トップページ | びゅりほでぃず(ブログ版) (14) »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

どきどきしつつ読ませていただいてます
赤面になることが多々ですがめぐみさんファイト!

投稿: 憩 | 2007年3月28日 (水) 21時37分

えへへ。えろ~んな内容ではじゅかしいですが
頑張りますよ~
憩さんのSSには勉強させられたりしてます。
応援ありがとうです~

う~元気出たぞ~

投稿: あまの めぐみ | 2007年3月31日 (土) 10時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« びゅりほでぃず(ブログ版) (12) | トップページ | びゅりほでぃず(ブログ版) (14) »