« びゅりほでぃず(ブログ版) (13) | トップページ | びゅりほでぃず(ブログ版) (15) »

びゅりほでぃず(ブログ版) (14)

「あっ、わたしばっかり気持ちよくなって、拓美がまだ気持ちよくなってないよね。今度はわたしがしてあげる番だよ」

 瑞穂はそう言うと拓美のズボンのベルトを外し、トランクスごとずり下げた。

「うわっ!」

 瑞穂はそそり立つ拓美自身をまじまじと見つめた。

「何びっくりしてるんだよ、見たこと無いモノじゃないだろ?」

 拓美は笑って瑞穂を見つめた。

「だって、こんなにかちんかちんになってるのは無いよ」
「自分のは?」
「こんなに、ならないもん…」

 もちろん、大嘘。周りの女の子達の過剰なスキンシップで悶々とした夜を迎えたことが何度あった事か。でも他人のモノは当然無いし、ましてや自分を見てこんなになってるなんて言うのは皆無だった。瑞穂は、拓美のモノに頬を寄せた。

「熱いよ…」
「そりゃあ、瑞穂の乱れ姿見てこうなっちゃったんだ」

 それを聞いて、瑞穂は拓美のモノがとても愛おしく感じてきた。顔の前に掛かっている髪を手でぱらっと払うと、拓美に近づいた。
ちゅっ。
瑞穂は拓美の先端にキスをした。

「そんな、汚いよ」
「ううん、拓美のだもん。汚くなんかないよ」

 ぱくっ。瑞穂は口でくわえると、舌を転がすようにして先端の刺激をつづける。

「ふむぅ」

 拓美はあまりの刺激に少し腰が引けた。
瑞穂はちゅばちゅばと鈴口を吸い続ける。
爪を軽く立てるようにして、拓美のモノを、ハープをかき鳴らすように軽く刺激をする。
ピクっ。敏感な部分を掻き鳴らされる度に、拓美のソレは拓美の意志と無関係に蠢いた。

「自分のを触るのと全然ちがうね。気持ちいい?」
「うっ、人に触られるのは、予想外の動きをするから、き…気持ちがいいよ」

 硬直した怒張がさらに堅さを増す。

「むぐっ」

 瑞穂は亀頭のカリの部分から、竿の裏側の筋目に舌を這わせつつ、手は付け根の袋を触るか触らないかの軽いタッチで刺激する。

「ん。むう」

 拓美は快感を我慢しつつ声を出す。親友が自分のものを咥えてくれている。その背徳さは何とも言えないものであった。
一方瑞穂の方も、愛する人のおちんちんをしゃぶっているという感動からか、どんどんとテンションがあがっていく。
亀頭部分をしゃぶりながらも、右手で拓美の竿の根本をしっかりと往復運動をする。さらに左手では陰嚢を軽く刺激する。

そして少しづつ頭を前後に動かし全体に刺激を加える。
口を陰部に見立てた性戯である。拓美の息づかいはだんだん荒くなっていく。

「み…瑞穂。激しくやっていいか?」
「むん」

 口いっぱいにほおばりながら瑞穂が返事をした。
拓美は瑞穂の後頭部をがっちりと両手でホールドすると、思いっきり瑞穂の口内に突き立てる。
屹立が瑞穂の喉の奥にまで達する。瑞穂はえづきそうになるのを我慢して、喉の奥に屹立を受け入れる。
拓美は瑞穂の頭を自分に引き寄せるように動かす。
瑞穂の口が拓美の屹立を全て飲み込んでいた。のどの奥で屹立の先端を慰め、舌先で敏感な裏筋を慰め
唇で根本を慰める。愛する人の全てを慰めたいと思った。
やがて、拓美の根本の方で軽いけいれんのような挙動が起こった。
ぴゅる。ぴゅくっ!
瑞穂の咽喉に拓美のほとばしりが満たされていく。

「んぐっ!」

 瑞穂はそのほとばしりを喉の奥で受け止める。
ごくっ。ごくっ。白濁を飲み込む。
 堅さが抜けた拓美自身が瑞穂の口から引き抜かれようとするのを、瑞穂は追いかけた。

「あん♪全部綺麗にしてあげる」

 ちゅる。ちゅるちゅる。瑞穂はストローでシェイクアイスを吸い取るように、拓美のイチモツを吸い取る。

「ああ、気持ちよかったよ。瑞穂」

 拓美は感激をしている。

「うぇ、セーエキってしょっぱいね。うにゃ。喉の奥もいがいがするよ」
「うがいしてきなよ」
「ダメだよ。拓美の味なんだもん。じっくり味わうの」

 瑞穂は微笑んで言った。

「お前さ、こんなキャラだっけ?」
「開正時代と変わった?」
「うん、すげー女っぽくなってるのはさておいても、積極的になってる」
「あは、あはは。それはきっと学校での生活のせいかもね」

「ところでさ、俺のココ。また元気になっちゃってるんですけど…」
「くすくす。君は盛りのついたお猿さんですか?」
「そうだよ。むきーっ!それより、今度は瑞穂に入れたいな」

そういうと、拓美は瑞穂の服を脱がせ始めた。

|

« びゅりほでぃず(ブログ版) (13) | トップページ | びゅりほでぃず(ブログ版) (15) »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« びゅりほでぃず(ブログ版) (13) | トップページ | びゅりほでぃず(ブログ版) (15) »