« 2007年7月 | トップページ | 2008年7月 »

みにくいアヒルの子(2)

ぐるっと町内を回って、折り返し地点の公園で、ちょっとだけ一休み。
「お……お義姉ちゃん、速いねっ」
私は毎日はぁはぁしながらお義姉ちゃんについていくのがやっと。お兄ちゃんたちと駆け回っていたから足にはちょっと自信があったのに、やっぱり大人の人には敵わないのかなあ。
「うふふ、由佳里ちゃん知らなかったっけ?お義姉ちゃんは、陸上部の選手だったの。今も陸上部の先生やってるのよ?」
「えー、ずるいー」
「由佳里ちゃん、何がずるいの?」
お義姉ちゃんはにこにこ笑いながら、質問してきました、
「だってさー、お義姉ちゃんみたいにとっても女らしくて美人なのに、運動も男の子顔負けなんだもん。わたしみたいなオトコオンナが勝てるのはかけっこくらいだったのに」
「あら、由佳里ちゃんだって女の子らしいわよ?どうして自信が持てないかなあ?」
「だって……」
「ストーップ!。だっては禁止」
「う……うぐぅ。……えっと、わたし女らしい事全然できないんだもん」
「たとえば?」
「お料理とかお菓子作りとか、かわいいものあつめなんかも」
「じゃあ、お義姉さんが教えてあげるから、一緒に覚えましょう」
「ホント!うれしい!でも、わたし女らしくなるのかなあ?」
「良いこと教えてあげるわ。高校は、私が通っていた恵泉女学院に行きなさいな。あそこはお嬢様学校で女らしい人がいっぱい居て、勉強になるわよ」
「えー、そんな所にいったら、恥ずかしいよう」
「大丈夫、あなた以上に元気な女の子も居たのよ。いたずらが大好きで、お菓子に目が無くて。どこか憎めなかったなあ。くすくす」
「へえ、そうなんだー。そんな人とお友達になれたら楽しいかも」
「うん、由佳里ちゃん。恵泉を受験しよっ!お義姉さんの後輩になりなさい」
「わかったー。勉強もがんばらないと……ダメかな。お兄ちゃん勉強教えるの頼りないから」
「あっはっは。一応先生なのにかわいそう。いいわ勉強は私も見てあげるから。ね。後で卒業アルバムも見せてあげるわ。じゃあ帰ろうか」
タッタッタ……帰り道は何となく軽やかに走り抜ける事が出来ました。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

みにくいアヒルの子(1)

お義姉さま。お義姉ちゃん、お義姉さん。なんて呼べばいいのかな。うふふ。

私、上岡由佳里には長らくお兄ちゃんと弟しか兄弟がいませんでしたが、お兄ちゃんがお嫁さんを貰うことになりました。
なので、私に生まれて初めて女の姉妹が出来るのです。「義理」と頭に付くんだけど、それでもうれしいんだもん。

お義姉さんは私のお兄ちゃんと同じ学校の先生のなのです。

ハンサムでもてもてなお兄ちゃんは「生徒に手を出すなよっ!」とお友達から釘を刺されていた為なのかはわかりませんが、同僚の先生をお嫁に貰いました。

お義姉さんは、女子校で陸上部の顧問をしているというスポーツウーマンだそうです。
おてんばで男の子と一緒に走り回っている由佳里には合ってるよとお兄ちゃんは言うのですが、どきどきです。

「はじめまして、由佳里ちゃん」
「はじめまして。お義姉さん」
わたしはぎこちなく挨拶したのに、お義姉さんはさらっと挨拶してすごいなと思いました。

お義姉さんはとてもきれいな人でした。ボーイッシュな私とは正反対。お人形さんみたいな素敵な人であこがれちゃいます。

わたしも、あんな風になりたいな。そう思いました。
でも、わたしには無理。オトコオンナなんだから。女の子っぽい事してたらオカマになっちゃうよ~。

お義姉さんは、お兄ちゃんが家に居ない時は、わたしに気を遣ってくれます。

「ねえ、由佳里ちゃん?かわいいな髪飾りとかつけてみない?」
「ええ~、いいですぅ。似合わないから~」
「だめよ~。女の子なんだから、一生女の子を楽しまなくちゃ損よ!?」
「だってぇ。自信ないんだもん~」
「大丈夫。パチンととめて、ハイできあがり。うん、かわいいかわいい」

お義姉ちゃんはわたしを女の子としてあつかってくれる初めての人でした。お父さん、お母さんは娘だと扱ってくれてはいますが、男兄弟の中で結構おおざっぱかつぞんざいにあつかわれているみたいで、女の子然とした扱いはあんまりされませんでした。とはいえ、日に焼けてがりがりで男の子っぽい事ばっかりしている私には似合わないんだと、なかなかおしゃれをするまでには行きませんでした。

「由佳里ちゃん、お義姉ちゃんと走らない?」
「うんっ!走る」
お義姉ちゃんは、毎朝私をさそって、ぐるっと町内を町内を回るランニングを日課にしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夏だ!コミケだ!

こなたさんの様な事を叫んでみるのですが、あと2日ほどで輝け全国少年少女欲望の祭典夏がはじまります。

というわけで、むげんれんささまの本に寄稿させていただいた、「紡ぐ想い」のサイドストーリーをお届けします。一部の方お待たせいたしました。由佳里ちゃん主役です。ええ。家名さま、結城さま。

では、お楽しみ下さいませ~。

今年はリアル女装少年を弄って遊べるのでとってもムフフ~なのですよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年7月 | トップページ | 2008年7月 »