« 永遠の園(2) | トップページ | コミックマーケット74に出品します »

永遠の園(3)

今日は紫苑がお泊まりで女子寮に遊びに来た。
寮母さんにお客さんが来ると言うと夕食を用意してくれた。
みんなで夕食を食べながら紫苑がにこにこと話を始めた、
「瑞穂さん、今日はパジャマパーティーと言う事で、いろいろとナイトウェアをもってきましたわ」
「へえ。紫苑さんは衣装持ちなんですね」
「母の花嫁学校で使っている余りなんですけどね」
「花嫁学校かあ、何教えてくれるのかなあ」
まりやは花嫁学校にちょっと興味があるようだ。
「ええと、料理、裁縫、礼儀作法だけではなく殿方を喜ばせる夜伽の作法なんかもあるのですよ」
「おおー、夜伽ですかー、うふふ。紫苑さまもお勉強されているんですよねえ」
「ええ、では後ほど講義をしましょうか」
「はややー、奏どきどきなのですよー」
「奏ちゃんには私が直々に……ね?」
「はい、紫苑おねえさま」
食事が終わると、食堂で紫苑さんが持ってきたナイトウェアの品評会が始まった。
「あら、可愛らしい下着ばっかりねー」
と寮母さんが覗きに来たが、紫苑がお礼にと差し出した高級下着をもらうと
「あら~、あなた気が利くわねぇ。いい奥さんになるわよぉ」
とにっこにこになって帰って行った。
「瑞穂ちゃんはこんなの似合うかな?」
ファッションにはちょっとうるさいまりやが瑞穂にあてがったのは、レースの黒いランジェリーだった。
シースルーのブラジャーとショーツ、そしてガーターベルトがセットになっている。
「あら、ガウンを羽織るのも素敵ですわ」
紫苑が提案をした。
「でもねー、瑞穂ちゃんはこういう股割れの即物的なのがいいんじゃない?」
「うわー、悩殺パンティーですね」
由佳里ちゃんが顔を赤くしながら瑞穂ちゃんの方を向いた。
「奏ちゃんには、こういうシンプルなランジェリーが似合うわね」
コットンの薄地のキャミソールとショーツ。コットンの平織りは伸縮性に欠けるのでくしゅくしゅとした感じになって萌え萌えな感じになっている。
「由佳里はおばさんぱんつでおっけー」
「え~、まりやお姉さまこそ、おへそが出ない深履きぱんつですよねっ!」
「お、由佳里も言うようになったね?」
「ええ、毎晩まりやお姉さまに鍛えられましたからね」
「ふふふ、今夜もひいひい言わせちゃうからね」
「えええ、もう怪談話は勘弁してくださいっ」
そういいつつ、二人ともチェック柄のおそろいのランジェリーを選んでいた。
ペアルックですか。はいはい。あついあつい。そう思って瑞穂は二人を眺めていた。
「そういえば紫苑さんはどんなランジェリーですか?」
瑞穂はいろいろとランジェリーを出してはみんなにあてがっていた紫苑に尋ねた。
「私は補整下着みたいになっちゃうので、コルセットかしら」
「あ、ゴスロリの娘がきているような感じですか」
「ええ、瑞穂さん用にも用意しましたから着こなしてみますか」
「うれしいですね、よろしくお願いしますね」
「ところで、こちらの袋はなんですか?」
「これは、夜伽の練習用の道具が入っているの、女の子同士で練習する為のものよ」

|

« 永遠の園(2) | トップページ | コミックマーケット74に出品します »

「アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/198625/22111499

この記事へのトラックバック一覧です: 永遠の園(3):

« 永遠の園(2) | トップページ | コミックマーケット74に出品します »