« みにくいアヒルの子(2) | トップページ | 永遠の園(2) »

永遠の園(1)

 夏休みまであと少しという七月も半ば。
お嬢様学校にもかかわらず、質実剛健な淑女を育てるという名目でクーラーの導入が行われていない恵泉女学院の教室では、連日の記録的な猛暑でうだるような暑さから、大半の学院生はぐったりしていた。
さらに一部の学院生にとっては苦行の時間である数学の授業だ。居眠りをしないようにがんばっている娘がそこかしこにいた。そしてやっと三時間目の数学の授業が終わろうとしていた。
「どうかなさいまして?瑞穂さん。授業中ずっと怪訝そうな顔をなさってらっしゃるようですが」
 一日中しかめっ面をしたりもそもそとしていた瑞穂を見て紫苑が声を掛けてきた。
「あ、紫苑さん。心配かけてごめんなさい。ここ数日ずっと違和感を感じているの」
「違和感?まあ、何ですの?」
「何かが違う気がするのですが、でもそれが何かが判らないのです」
 その違和感は、ずっと瑞穂の頭の中から離れる事はなかった。
「それにしても、暑いですわね。長袖しかない恵泉の制服が少し恨めしくなりますわ」
 そういいながら、紫苑はばさばさとスカートをあおった。
「そうですね。今年の暑さは尋常ではありませんものね」
「殿方がいらっしゃらないと、こんな風にはしたなくなってしまいますわね」
「まあっ、昨年のエルダーともあろうお方が。うふふっ」
「まあ、そうおっしゃる本年のエルダーたる瑞穂さんも」
 瑞穂もそう言いながらばさばさとスカートの膝の部分をつまんでばたばたとさせてスカート内に籠もった熱気を追い払おうと努力した。
「お姉さま、紫苑様?ミニスカートという選択もありますでしょうに」
瑞穂の前の席の学院生が声を掛けてきた。
「私たちのような大柄な女にはかわいらしいミニは似合わないのですよ」
そういって紫苑は少しだけ沈んだ顔をした。日頃から大柄であると言う事を気にしているので級友は紫苑にそれ以上声を掛ける事をあきらめた。
「で、お姉さまの方は?」
瑞穂は自分の身体についてコンプレックスを抱いているという話はしていなかったので、級友の標的になった。
「理由は忘れてしまったのですけれど、ミニやミディ丈は避けるべき。と決めたんです。ええ、理由は今となっては思い出せないんですけどね」
「お姉さま? それはずるいですよぉ~」
文句が並べ立てられ瑞穂は苦笑した。
「あ。次は水泳の授業ですわね。紫苑さん、みなさんも更衣室へ参りましょう」
「ええ、ほんに朝から暑いので今日の水泳の授業は楽しみですの」
 二人は淑女にあるまじきはしたない行動をちょっぴりだけ恥じらいながら水着バッグをロッカーから取り出し、プールサイドの更衣室へ急いだ。
体育の授業は瑞穂・紫苑の居る三年A組とまりやの居るB組の合同授業である。教室の位置がプールから少しだけ遠いB組はまだ全員が更衣室に入りきっておらず、まりやの姿も見えなかった。
瑞穂が制服のジャンパースカート(といっていいのか微妙なのであるが)とブラウスを脱ぐと、アクアブルーの涼しげなブラジャーとショーツが姿を現した。
「今日はストッキングははいてらっしゃらないのですね」
 紫苑が笑って尋ねた。
「着替えの中にガーターとストッキングがありますから」
「まあ、ガーターストッキングとは淫靡ですわね。うふふ」
紫苑はにぱーっと笑いながら瑞穂に言った。
「どちらかというと蒸れない為ですわ」
ちょっと、紫苑に反論してみた。

|

« みにくいアヒルの子(2) | トップページ | 永遠の園(2) »

「アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/198625/22090031

この記事へのトラックバック一覧です: 永遠の園(1):

« みにくいアヒルの子(2) | トップページ | 永遠の園(2) »